センター北駅から徒歩1分!港北ニュータウン・センター北・センター南の英会話スクール

h_menu_left当校の方針コースの一覧料金表イベント入会方法h_menu_right
英会話スクールの正しい選び方

生徒の声

当校へのアクセスはこちら

スクールのお勧めリンク

スカイプを使ったレッスンも可能です。

生徒専用メニュー

point 生徒専用トップ

Hara Ken's English
住所: 横浜市都筑区
中川中央1-23-1
フォーレスト・ノースビル302
TEL: (045)912-5505
Mail: hkenglish@ittc.jp

 

Facebook

英会話教室ナビ

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

コース一覧

The THREE Most Important Factors
(英語の正確な学習に向けた三大要素)

The THREE Most Important Factors(英語の正確な学習に向けた三大要素)

 

割引制度について

複数コースをお申し込みいただきますと割引がございます。
(Pronunciation Clinic (発音クリニック)Private(プライベート)除く) 詳しくは料金表をご覧ください。

Pronunciation Clinic (発音クリニック) \22,000

英語の母語話者でさえ、一人ずつ違ったアゴや口の形をしていると同じように、正しい発音を学習する側となれば尚更同じことが言えます。 「H.K. English」 の 「発音クリニック」 では、一人ずつに合った発音の基礎から始め、単語、フレーズ、会話の発音・ピッチ・ストレス(強調ポイント)・イントネーションの学習はもちろん、それぞれの発音の違いと発音が持つ単語・フレーズ・会話への意味、影響、効果などを学習します。 また、英語の綴りと発音とのパターンや傾向、音の構成などを理解も同時に学び、語彙やフレーズの発音も自ら独学で発音していけるような力を身につけていきます。

1 “英語の発音って何? どうゆう物?” を知る正確な発音への見解と構え方。 (日本語との比較)
2 発音と英語の綴りの関係と背景(歴史)。 暗記することなく、単語や語彙を自然に覚えていくための重要な方法の一つ。
3 初めて見る単語や表現などを正確に発音するための発音に対する傾向としくみ
4 会話に対する発音の影響と効果。 全く同じ表現でも発音を変えることによって全く異なる意味を相手に伝えることができるようになる???
5 一旦身に付けた正確な発音の維持する方法と内容。 ご自宅で料理しながら、掃除しながら、散歩しながら、入浴しながら実施で きる方法を紹介します。

クラスで身に付けた正確な(Native)発音をクラス外で活かす場、維持する場として様々なイベントやスピーチ大会を常時行っております。 続けて、当校で一度身に付けたネイティブ発音を失うことの無いよう、発音を維持するための定期的なプログラムをたくさん用意しております。

コースの基礎編と上級編を修了された方には当校によりネィティブ発音の基礎、理解力、並びに会話力を完全マスターされたことを示す発音コース修了証書 (左記写真) をもれなく全員に無料にて発行しております。

また本コースは同じレベルのクラスであれば他の生徒さんのクラスにいつでも、何度でも一切追加料金無しで参加できます。 (平均追加レッスン週3〜4回)
Pronunciation Clinic (発音クリニック)

Student Class  (学生専用クラス) \15,000 (1コースのみの場合)      

中学生2年生から高校生、大学生や受験生までの各種試験、受験、また学校からの宿題や教科書の内容を “マン・ツー・マン” 方式で丁寧に一つ一つ指導していきます。 文法、単語や読解力などを強化し、日本の学校で学ぶ方法とは異なる 「ネイティブの子供たちが学校で学ぶ方法」 を紹介します。文法はまず基本となる全体像を理解し、別角度から感性で考える力を伝授していきます。 

同時に、今はもはや 「ブーム」 にもなっている海外留学とホームスティ。流行とは言え、行くだけでも相当な費用がかかりますが、それでも結果的に話せるようになることはおろそか、全く何も修得しないまま帰国する学生が後を絶ちません。さらに、
西洋で求められる初歩的な挨拶や自己紹介ですら全世界でほとんど日本の学生だけができないままとなっているのが現実です。当校では、海外で恥ずかしい想いをしない英語圏ならではの常識的な挨拶、自己紹介、並びにきちんと自分の考えを発言できるよう具体的な状況に分けて指導します。

Vocabulary  (単 語) \15,000 (1コースのみの場合)             

一切 “暗記” はせず、ネイティブならでは常識の自然に覚える方法を提案致します。  英語圏の国々の義務教育で教えられている方法と同じように単語の構造、由来、またつづりとの関係などを通して単語にまつわる基礎知識を知ることから始まります。

また、単語はその意味だけをいくら覚えても会話力には繋がりません。 英語の場合は一つ ずつの単語の意味が解ってもそのまま使われるわけではない場合が多くあります。 本コースは常に会話上の使い方と表現力の基本を繰り返し、“自然な” ネイティブの使う方法を伝授します。

Vocabulary (単 語)

Grammar (文 法) \15,000 (1コースのみの場合)

Grammar (文 法)いくら文法力があっても会話力にはつながらないのはなぜでしょうか? 文法の知識が豊富でも英語を聞き取ったり、自分の考えを言葉にしたりするのが楽にならないのはなぜ?

英語に留まらず、どの言語でもまず最初に会話があって次に文法が生まれています。 文法があってから会話ができた言語など、世界中約4,000〜6,000種類もの言語の中でひとつも存在しません。 本来であれば文法を勉強することはその言語の会話力を育成することにつながるはずです。 当校では、このような会話力に最低限必要な文法学にこだわった効果の高いレッスンを生徒の皆様に伝授しております。 もちろん、日本の従来型の学習方法とは全く違う、あくまでも英語の母語話者が学んできた文法学を日本人向けとして最適化させたオリジナルコースです。

本コースは下記の通り3段階に分けられております:

Grammar Basics : 第一部: noun (名詞)、verb (動詞)、 main verb vs. auxiliary verb (主動詞 対 “補助”動詞)、adjectives/adverbs (形容詞/副詞)、 
第二部: subject (主語)、 verb (述語)、 object (目的語)
Grammar @ 〜 B 試験勉強や“日本の” 学校の勉強を除き、英会話に最低限必要な文法の知識は、基本の “S-V-O” 以外は “Preposition” (前置詞) のみであり、現在の日本人にとっても前置詞がほぼ唯一の曲者となっているようです。
本コースでは、“of”、 “as”、 “in”、 “to”、 “for”、 “by”、 “among”、 “along”、 “around” などの前置詞を徹底分析し、会話でどのように使うか、使われているか、訳すかなどを学習していきます。

Conversation (会 話) \15,000 (1コースのみの場合)

「正しい言葉」 と 「実際に使われる言葉」 はどの言語においても違う、というのをお気づきですか?
当校ではまず 「脱・ジャプリッシュ!!」 (和製英語) を目指し、「実際に使われる英語」 を重要視しながら暗記しない自然で楽しい学習を提供するクラスになります。 

当校の学習は更に二つのセグメントに分けております。

Conversation (会 話)

基本的な会話 一般的に使う表現 = 当校オリジナル学習は、日本で教えられてきたこれまでの一般的な表現とは全く異なります。 日本人が馴染んできたこれまでの表現が如何に現実(文法)と異なっているか、そして英語の母語話者であればどう言うか、などの各表現の背景、ニュアンス、発音とその影響・効果を詳しく説明していきます。
表現力 日本語には存在しないニュアンス、レベル、使い方を詳しく学び取り、“直訳では決して通じることの無い” 英語が持つ独特な表現を学習していきます。 これら殆どの表現が実際毎日の生活の中で使われているものばかりです。

Expressions (表 現) \15,000 (1コースのみの場合)

上記会話コースは、学習した知識、発音、文法や表現力を全て活かす場としてとても良い練習の機会となるでしょう。 同時に、会話コース内で活かす様々な 「実際に使われる言葉/表現」 を紹介する場が本コースの意図となります。 英語の母語話者の通常の日常会話の大半が IDIOM (熟語) と言われますが、不自然な教科書表現ではなく、さりげなく口にする自然なあいずちや様々な感情表現と数々の同様表現の微妙なニュアンスの違いなどを分析しながら楽しく学習する会話の練習コースです。

たとえば、「Hi, how are you?」 と言われたらいつもどう返しますか? 実際、英語にはこの質問に返す方法として20〜30通りもの回答方法があります。 同時に 「how are you?」 と言う方法も同じぐらいの種類があります。 いつも同じ表現ばかりしか使えない 「Repeating Machine」 と言われないよう夫々の表現と誰にいつ、どう言うかを理解することで、より “NATIVE” な表現力を身につけることができるようになります。 そうゆう意味で本コースは、「準」会話コースのようなコースと言えるでしょう。

Expressions (表 現)
Expressions (表 現)

Reading (読解力) \15,000 (1コースのみの場合)

初級編の簡単な本から中級、上級者向けの一般的なペーパーバック紙までレベルは様々

ですが、ストーリーを楽しみながら講師と一緒に一冊の本を完全に読みとおしていくコースです。

英語ならではの重要な発音、微妙な意味合いを変えてしまう休止、強調点や音調などを正確に

練習していきます。 同時に読む文書は全て正確な意訳を理解し、単語、造語、表現や熟語など

を自分でも真似て使える練習も行い、会話力の向上を図ります。

読書がお好きな方にはもちろん、本コースを通して翻訳家/通訳の仕事といった道が開けるようになるかもしれません。  本は様々な背景と理由から当校のお勧めするもの以外の本でも可能です。 


Reading (読解力)

History (歴 史) \15,000 (1コースのみの場合)

英語って元々何語? どこから来て誰が作ったの? “ローマ字” と “アルファベット” って どう違うの? 英語の “どうして?” “なぜ?” などの疑問の答えを全て知ることもまた、 “暗記しないで覚える” 基礎知識に繋がります。 同時に、現代の西洋各国の実態と動き、社会や経済を動かすしくみと傾向が全て解るようになり、英会話力をバックアップする 重要な基礎知識になります。 

結果的にネイティブと同じ土台に立ち、語源と言語の趣旨、原点を知ることで英語 の自然な表現の感性、種類、並びに微妙な意味合いを全て理解することができます。

Proverbs & Idioms (ことわざと熟語) \15,000 (1コースのみの場合)

新たに別の言語を学ぶにあたってその言語で使われている 「ことわざ」 や熟語を学習することは大変有益な付加知識となります。 大抵 「ことわざ」 はどの言語においてもその言語を使う人々の感性や見解、マナーや好き嫌いなどを表わします。

熟語は本来教科書で学ぶ言い方ではなく、“実際に使われている” 人々の決まり文句や交わし言葉などを意味します。 

これにより、“ネイティブ言語に近いより自然な言い方” を身につけることが可能になるのです。

Proverbs & Idioms (ことわざと熟語)

Media (メディア) \15,000 (1コースのみの場合)

言うまでもなく、英語は “Vocabulary” や “Grammar” などの勉強をいくら積み上げても 自然な
会話力にはなりません。 何よりもまず楽しんで好きになることは不可欠です。 
しかし残念なことに現代の日本では高い英語力を求める一方で実際に使って維持できる環境や場は殆ど全くと言って良いほど存在しないのが現実。  

当校では、この環境作りの一環として皆さまの自宅、移動中、外出先でできる高い効果の一般メディアをお勧めし、 クラスでは様々なジャンルの歌の歌詞や映画、ドラマやラジオ番組などの原稿やストーリー、また実際に教室での映画・テレビ番組の観賞を通してグループ単位で楽しみながら学習するコースです。 

Media (メディア)

Business (ビジネス) \15,000 (1コースのみの場合)

Business (ビジネス)

日本語でも “ビジネス日本語” という表現は存在しないのと同じように事実上英語でも “ビジネス英語” といった区分けはありません。 これは一般会話力とは異なりあくまでも仕事上での応急処置を目的とした日本だけでのカテゴリです。  本来であればビジネスで使われている英語についても基本ができている人であればどの業界に行かれても困ることはありません。 日本で言われている “ビジネス英語” というものも、あくまでも基本の上に存在する一種の応用方法に過ぎません。 だからこそ、できれば前もって基本となる知識と経験を時間がある段階から学習しておくことが大切になります。 

“基本英会話力” + “業界専門用語” = “ビジネス英語”

従って本コースはお仕事での必要性に迫られている方向けに分野・業界・職種問わず一般的に使われている単語、表現、熟語や敬語などを紹介するクラスとなります。  その他、業界別に技術者、営業、管理(経理、人事、秘書業務など) の職種、また役職に合わせたレッスンも可能です。 日頃のE−メールのやりとり、様々な契約書・規約の作成、プレゼンテーション・セミナーのドラフト添削、etc., 
この場合は 「Private Class」 扱いとなります。) 

Others (その他) 

当校は常に生徒さんに100%合わせるスクールです。 ここに記載されているコース以外にも生徒の希望によって特定の内容に特化したクラスや特殊な方法でのクラスもOK。  これまでの事例では下記のようなクラスがあります:

− TOEIC ・ 英検集中クラス

− 特定の映画の原稿にそって実際のセリフを研究しながら楽しく学習する準会話コース

− 様々なジャンルの音楽の歌詞を研究するクラス

− 留学/海外への転勤・引っ越し/海外旅行などから言葉のみならず、英語圏の文化や習慣などを含めた海外生活準備クラス

− 特殊な英語の本を訳していくコース

− 「SKYPE」 を通じた遠隔クラス (授業料: \12,000/月)

− ご希望の内容をその都度決める Private」 クラス ( “マン・ツー・マン” ) (授業料: \32,000/月)

− その他

Field Exercise (応用力と実地訓練) 無 料

英語はどんなにがんばって勉強に必死になっても実際話せるようになるわけではありません。
知識を “入力”、“吸収” する以上に “出力”、“実習” していかなければ実際の会話力には つながり
ません。 当校では生徒さんが日々学んでいかれる内容
を最大に活かせる実際の 訓練の場として
様々
なプログラムを設けております。 またこれらのプログラムは全て “無料” で任意に参加できます:

● English Diary:   

   正しい日記とは毎日の出来事、行かれた場所、活動内容を書くのではなく、想いや感情を 書くことです。 どんなことに対して
  どう思ったのか、感じたのか、どういう気分になったのか、
これらを実際の言葉で表現することは英語ならでは求められる重要
  な会話力の一つとなります。 
文法の添削だけではなく、自然なネイティブ表現や微妙な感情表現などを暗記せず自然に 覚えて
  いく大変効果の高い訓練です。

● Facebook:

  生徒専用のFBのページを通して生徒間、又は当校在籍中ネイティブの友達らと日々英語の 会話を繰り返すことによって楽しく
  且つ効率良く勉強できる場の一つとなります。 当校の生徒さん
しか見れませんので気軽に参加できて英文のチェックや表現など
  の添削も同時に確認できます。

HK Five (自由参加会話レッスン) ¥1,000/一回 (誕生月は全て無料!!)

HK Five (自由参加会話レッスン)言語はただ学ぶだけでは十分ではありません。 学習した内容を正しく実践し、またそれを継続できる適切な環境も必要です。 当校では学習される皆様の日々努力を活かし、日本語を一切禁止とした英語のみの自由参加型会話レッスンの時間を皆様の練習する場として週に2〜3回設けております。 

その時集まる生徒さん次第でテーマ、 設定、流れをその都度決めて進めます。 時には教室以外のレストランやバーで開催することも!! 最も重要なことは参加 者全員が楽しんで続けることです。

Culture (文 化) 

上記の 「歴史」 と同じく、単に英語の母語話者とお喋りするのではなく、彼らを親友として迎えられ、また迎えてもらえるような “会話力” を身に付ける重要なカテゴリーです。 ここでは海外の様々なイベントやお祭り、古い言い伝えやことわざなどを含む、英語を母国語とする人なら誰もが知っているはずの話題やテーマ、本やテレビ番組、映画、コマーシャルなどのクリップやセッションを取上げた学習を行います。 直接英語力に役立つ内容も沢山あり、同時に幾つかの海外のイベントを実際の経験者(外国人)と同時に体験していただくような当校オリジナル・イベントの企画も用意しております(年に4〜5回)。

「HKE at the Movies」
Culture (文 化)HKEでは、、当校が推奨する洋画を生徒のヒアリングの実習の場として毎月一回の大スクリーン映画会を行なっております。 また生徒専用待機室では、テレビ・スクリーンを利用していつでも好きな時間に当校が勧める洋画又はヒアリング教材をを鑑賞できます。 (イア・フォン使用) 待機室の放映メディアは週単位で変わり、日本では見れない英語圏専用の番組や映画、コメディーなどを常時鑑賞できます。

Events (イベント)

生徒さんがご家族や友人を交えて英語を使うことの楽しさ、素晴らしさ、感動を体験していただくためのイベントを年数回設けております。 例えば、春は: イースターBBQ、ビア・パーティー、夏: 米国ツアー()、秋: ハロウィーン、 冬: クリスマス。 また季節問わず海外のお祭りをテーマとしたイベント、映画鑑賞会、カラオケ大会や料理や特定の趣味などをテーマとした生徒による英語のプレゼンテーションなど、全て楽しむだけではなく、その趣旨と原点に戻って背景や歴史などが持つ意味の講義も体験から学んでいただけます。


)毎年夏には Ken先生の出身地、San Francisco を始め米国の各地を周ってほとんどがガイド・ブックには載っていないローカルならでは人気絶品の食事をめぐって旅をするツアーを開催。  同時に現地のプロ野球チーム (又はバスケットやアメリカン・フットボール) のゲーム観戦などを通して現地の文化、人々の感性や流行などをチェック。  さらに旅の間は Ken先生はもちろん、現地のネイティブであるHKEの仲間も同行しますので英語で通じあう喜びと興奮、現地人との友好を通してさらに英会話力の動機付けとなること間違いありません!!    (過去のイベントについては本サイトの “イベント” のページをご査収下さい。


オリエンテーション/資料請求 申し込み トップに戻る ハラケンイングリッシュクラスの申し込み書 メールでのお問い合わせはこちら